廃線・廃道跡探索

■尾道鉄道廃線跡(尾道〜市)
港町として栄えた尾道と御調(みつぎ)(市・いち)を結んでいた尾道鉄道は、1913年に尾道〜御調〜上下間の免許を取得、1918年には尾道軽便鉄道として会社を設立し、1925年に西尾道〜石畦間が開通した。
後に尾道〜西尾道間、石畦〜市間をそれぞれ開通させたが、不況などの理由から残る市〜上下間については実現しなかった。
その後モータリゼーションの進行に伴い、1957年に石畦〜市間が、1964年には残る尾道〜石畦間がそれぞれ廃止され、尾道鉄道はその役目を終えた。

地図はこちら


国鉄尾道駅の北側にあった尾道鉄道の尾道駅。現在は跡地が駐輪場として利用されている。(A地点)


栗原川に流れ込む小川に残るコンクリート製の橋台。(B地点)


新尾道駅近くのスーパー万惣の南側にぽつんと残る橋台。(C地点)


三成の農道脇にもコンクリート製の橋台が残っている。(D地点)


橋台から少しの間当時の築堤が残っている。(D地点)


道路脇の橋台がゴミステーションの土台として利用されている。(E地点)


後身の中国バス尾道営業所となった三成電車区跡。(F地点)


車庫内には尾道鉄道時代にホームで使用されていた鉄板が今も残る。(F地点)


木頃本郷手前には築堤が残っている。(G地点)


藤井川の北側の線路跡が道路に転用されている。(H地点)


藤井川を渡っていた橋の橋台が両側とも残っている。(I地点)


三成側橋台(I地点)


市側橋台(I地点)


国道184号線バイパスへ転用された大築堤。(J地点)


1号トンネルは国道184号線へ転用される際に改築され、木門田トンネルと名を改めている。(K地点)


2号トンネルは当時とさほど変わらぬ断面を保ったまま、門ノ木トンネルの歩道用トンネルへと転用されている。 (L地点)


国道184号線が切り通しで山を越える傍らに、4号トンネルが当時の姿をとどめたまま残っている。(M地点)


4号トンネル市側。大正期らしい美しいレンガ造りの坑門は、当時を今に伝える貴重な遺構だ。(N地点)


4号トンネルの市側に、橋台が残っている。(N地点)


プラットホームが縁石と化している畑駅跡。(O地点)


国道184号線畑トンネルへと改築・改称された7号トンネル。 (P地点)


8号トンネルは諸原トンネルと名を改めている。 (Q地点)


諸原駅付近の路盤は国道には転用されず、当時の雰囲気を残したまま舗装されている。(R地点)


諸原駅直前には手付かずの路盤跡が残っている。(S地点)


スイッチバックの線形が残る諸原駅跡。(S地点)


終点の市駅跡は中国バス市出張所となっている。(T地点)

フレームが表示されていない場合はこちらをクリックしてください